2017年12月5日

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017表彰式&懇親会に参加します



なかなか治らない咽頭炎がぶり返し、2、3日寝込んでました。そのためブログの更新もお休みしていたのですが、ようやく熱も下がり、調子が戻ってきました。冬の寒さが本格化してきたので、皆さんも体調には気をつけてください。さて、寝込んでいながらも「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017表彰式」と懇親会のチケットを無事にゲットしました。

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017』表彰式:2018年1月13日(土)14:00スタート@きゅりあん小ホール

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017懇親会

すでにチケットは売り切れのようですから、あいかわらずすごい人気です。やはり個人投資家が直接交流する機会というのは貴重ですから、こういうイベントがあると参加したくなっちゃいますよね。とくに私のように地方在住者にとってはなおさらです。そんなわけで、2018年1月13日は東京でお会いしましょう。

常々書いてることですが、私はこういった個人投資家が直接交流できるイベントというのは、本当に尊いものだと思っています。なぜなら、やはり投資というのは最終的には自己責任原則が貫徹される世界ですから、どうしても孤独な営みになりやすい。しかも絶対的な解の無い世界です。そういった世界である以上、個人投資家は常に迷い、徒手空拳で試行錯誤を繰り返さざるを得ません。

そんな孤独な個人投資家にとって最も怖いことは、独りよがりの思い込みや臆見に囚われてしまうことではないでしょうか。それらは精神の柔軟さを失わせます。精神の柔軟さを失うことこそ、いろいろな面で投資に悪影響を及ぼすものです。だからこそ他者と忌憚の無い意見交換あるいは相互批判を経験することが必要。それが独りよがりな思い込みや臆見に囚われてしまう危険性を和らげてくれると思うのです。やはり対話こそ学びの本質です。

とくに私のような地方在住者にとっては、投資についてカジュアルに意見交換できる場所というのは本当に希少なものです。だから私は声をかけていただいたオフ会には喜んで参加するし、FOYのようなイベントにも積極的に参加する。もちろん私が独身で暇だというのもありますが、やはり対話と相互批判に飢えているというのが本質でしょう。でも、そういった一種の飢餓感というのは、私だけが持っているというわけではないはずです。

ですので今回のFOY表彰式&懇親会も非常に楽しみ。ぜひ日本中の様々な個人投資家さんたちと対話したいと思っています。


あと、ちょっとした告知ですが12月9日に労働組合の仕事で東京に出張します。そのことをTwitterで交流いただいている亜門さんに伝えたところ、その日の夜に簡単なオフ会をやってくれることに。ありがたいことです。



ここでもいろいろな人のお会いできることを楽しみにしています。
スポンサードリンク